« shimekazari-kaisan | トップページ | キャベツ姫 »

明治のみかん図

Makinomikan

練馬区立牧野記念庭園記念館

〒178-0063 東京都練馬区東大泉6-34-4
電話:03-6904-6403

1月30日まで

牧野記念庭園記念館は、
植物学者・牧野富太郎が、大正15年から昭和32年に死去するまでの32年間住んだ
居宅と庭の跡です。昭和33年(1958年)に区立庭園となりました。

高知県の牧野植物園を訪れたことがありますが
あちらをハレとすればこち
らがケ

跋渉の労を厭うなかれ

と全国各地を飛び回り研究に励んだ彼ですが、
ここにはひっそりとした草木たちをお相手に過ごした日々のその静けさや呼吸が
今も気配として感じられる様です。

展示の方のみかんたちはといえば
愛らしい丸々の形状、ほとばしるみずみずしさ
青く快晴の冬の日に
目にも新鮮な香りを放っていました。

細密画は見る側を書き手の興味の的へ
知らず知らずの内に引き寄せる吸引力を持ちます。
同じ目線にたてるからこそ伝わるものも大きいのかもしれません。

|

« shimekazari-kaisan | トップページ | キャベツ姫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331030/38462504

この記事へのトラックバック一覧です: 明治のみかん図:

« shimekazari-kaisan | トップページ | キャベツ姫 »