« ギャラリーy | トップページ | たこなんかじゃないよ »

ぼくのロボット大旅行

ぼくのロボット大旅行 (福音館のかがくのほん)

買ったきっかけ:
ロボット本を探していた為。

小学校の時
福音館の「冒険図鑑」シリーズを暗記するほど愛読していたので
著者名を見て手に取る。

感想:
海にジャングル、南極に
お手製のロボットの乗り世界中を飛び回る少年と少女が、
実に淡々と旅行をこなすのでついつい引き込まれてしまい
いつの間にか自分にもロボットが作れそうな気になったりする。

おすすめポイント:
ファンタジーであり図鑑である、満腹な本。

野山で昆虫採集等に明け暮れた少年は、
自然観察絵本作家としての活動で世界中から評価を得ることとなる。

そんな著者の繊細で正確な観察画はすっと目になじむし
1ページ1ページ大胆に視点が変わり
全く飽きない。

おまけに巻末には各ページに登場する動植物すべての名前が照らし合わせることができるようになっており
言うことないです、と言いたくなる。

ぼくのロボット大旅行 (福音館のかがくのほん)

著者:松岡 達英

ぼくのロボット大旅行 (福音館のかがくのほん)

|

« ギャラリーy | トップページ | たこなんかじゃないよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331030/37596753

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのロボット大旅行:

« ギャラリーy | トップページ | たこなんかじゃないよ »