« 国立天文台 三鷹 | トップページ | 5匹の小オニが決めたこと »

ジョセフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて

D0140867_2112448

地下室で独り記憶を詰める人。

その空想に詩を読む人。

展示は歩くのも困難なほどの暗闇の空間に
ボウッと照らし出された箱たち。まるで宙に浮いているかのよう。
パーテーションも透き通るガラスに星星が浮かび
恐る恐る進める歩もあいまって
すべてが通常と違う時間軸に投げ出されたようである。

「箱」はもともと概念的に神秘的な存在であるが
詩人たちの手にかかるとその中の物語や記憶が突如カタカタと動き始めるのが面白い。

ジョセフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて

川村記念美術館
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html

|

« 国立天文台 三鷹 | トップページ | 5匹の小オニが決めたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331030/34318320

この記事へのトラックバック一覧です: ジョセフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて:

« 国立天文台 三鷹 | トップページ | 5匹の小オニが決めたこと »