e:exhibition

アートと音楽

Tokyo art meeting 第3回 「アートと音楽」

会 期  平成24年10月27日(土) ~ 平成25年2月3日(日)
休館日  月曜日
(ただし12/24、1/14は開館、12/25、年末年始(12/28~1/1)、1/15は休館)
開館時間  10:00 〜 18:00(入場は閉館の30分前まで)

会 場 

東京都現代美術館 企画展示室 B2F・1F

Art_01_01_img

痛みを目に見える形で表現するとか
見えない概念を視覚化する
表現すること自体が五感を行き来するものだとしたら、
本当の意味での共感覚がどんな事かを問う事は、あまり必要ないのかもしれない。

脳の中に色々な信号が飛び交った一日。

大友良英リミテッドアンサンブルズ《with ‘without records’》
ターンテーブルの‘森’にたたずむことであらゆる気配にあちこちから突っつかれる感覚。
くすぐったくて心地よい。
息づかいが、森で目を閉じている時に聞こえるそのまんまのような。

触れるとパチパチ花火のような
小さく鋭い不思議な痛み→のちに蕁麻疹…をおみまいしてくれるセイヨウイラクサ。
そんな時この植物はどんな信号を発信しているんだろう。
植物と対話する人がいるけれど
うそでもないなと思いなおした、
クリスティーネ・エドルンド《セイヨウイラクサの緊急信号》。

おすすめ多々あり。

もうひとつの企画展、
MOTアニュアル2012
Making Situations, Editing Landscapes
風が吹けば桶屋が儲かる

人とのつながり、が楽しく思える展示。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未草 自宅展

東京福生の米軍ハウスを拠点に制作活動をしている
小林寛樹(造形作家)さんと小林庸子(布もの作家)さん。

大地に根を張り 水に身をゆだね
 日々空を見上げ ひかえめな白い花を結ぶ

日本に古くから自生する唯ひとつの睡蓮の名を冠し、
彼らは「未草(ひつじぐさ)」として新たな一歩を踏み出すことに決めました。

身の周りにある自然の力を借り、既にあるものを上手に利用すれば、人は十分豊かに幸せに、そして美しく生きることができます。
~略~
今この世界から消え去ろうとしているもの、それらはこのまま失くしてしまうにはあまりにも美しく尊いのです。

そうしたメッセージを少しでも世のなかに残せたらと
なんと彼らは自給自足の生活をすべく
北信州は黒姫で
山を切り開いている真っ最中なのです!

ひっそりと穏やかな時間の流れ。
完成された世界観は、どっしりと根を張り、動じず
悠然たる態度でやわらかに水面に浮かぶ。

いつかは朽ちてゆくはずだった、美しい立体たち。

1

2

4

彼らを知ったきっかけは、こちらの白くま親子のテープカッターでした。 

3

光と影の部屋で、ホットワインをごちそうしてくださいました。

6

8

日 時
2012年11月23日(金)~ 12月2日(日)
11:00 ~ 19:00

場 所
197-0023
東京都福生市志茂185
問 合
090-7407-6330

このハウスも築60年をむかえ
まもなくとりこわされるそうです。

でも、まだまだ目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博物図譜とデジタルアーカイブⅤ

博物図譜とデジタルアーカイブⅤ

Haku_vmain

会 期   2012年9月3日(月)-10月6日(土)
        ※9月17日(月・祝)は特別開館
休館日   日曜日、祝日
時 間   10:00-18:00(土曜日、特別開館日:17:00閉館)
入館料   無料
会 場   武蔵野美術大学 美術館 展示室3
Web site  http://www.musabi.ac.jp/exhibit/10_hakubutsu/
主 催   武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催   武蔵野美術大学 造形研究センター|日本経済新聞社
特別監修 荒俣 宏(本学客員教授、造形研究センター客員研究員)
       寺山祐策(本学視覚伝達デザイン学科教授)

2010年度より4期にわたり開催してきた「博物図譜とデジタルアーカイブ」の総集編。
荒俣宏旧蔵コレクションを中心に図書館所蔵の博物図譜を一挙公開。

これはこれはこれはこれはこれは!

なんという見応えでしょうか。

もちろん触れられない、それどころか見ることすら不可能だった昔が冗談みたい。
今は、17世紀以降の膨大な博物図譜資料が、500%まで拡大して肉眼でみれるのです。
しかもとっても高精細。

原書も多く展示しており、目を見開き過ぎて頭痛がしました。

現在美術館では他3つの展示も開催中。
海外美術学校との版画の交流展、目と脳の新しい刺激に。
このところ印刷物からしか受けていなかったので
「目の前にある」感覚はなんでも、やはりいいね 

ちなみに
9月29日14:30~ 同大学内美術館ホールで
荒俣宏客員教授によるイベントもあるそうです。

なんとiPad/iPhoneでの無料配信がはじまったので
それに際してアプリ紹介もかね
博物図譜の楽しみ方をご教授くださるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森でお茶会

イラストレーター&グラフィックデザイナー鈴野麻衣さんの展示、
その名も「森でお茶会」へでかけました。

_s1 鈴野さんのホームページより拝借いたしました。

茅ヶ崎は雄三通り。
古道具や雑貨も扱うカフェ、ペンギンコーヒーオーケストラで
3月の約1カ月というながーい間
ライブあり朗読会ありのとても楽しいイベントが繰り広げられていまして
ぜひやっている間にお知らせしたかったのですが…。
残念ながら本日で終了ですが、
また来春予定されている様なので、その時は早めに。

私もお世話になっているポストカード屋さん、アクチュアルプルーフ下北沢でも売れっ子の彼女のイラストは
色とりどりの花鮮やか。
フレッシュなみどりいろも、
ひと目で気分をぱっと明るくしてくれます。
なんだか空気までもが清浄に。

ポストカードやメッセージカードなどがならぶコーナーでは、
ひゃあっと悲鳴をあげているお客さまもいたほど。
Hagaki

くねくね丹念に形を追った、ぐっちりとした筆圧の線。
子供がいっしょうけんめい描いた絵の線と同じような感覚を覚えます。
ぐぐぐーと行方を追うような。

あれ、もしかしたらそう、たぶん、形を吸収する目線と排出する時の姿勢が、
子供と同じなのかも。まっすぐ吸い取っていっしょうけんめい描く。
といったふうに、私は感じました。

今回の展示では、その2個の目玉によるどうぶつ肖像画なるおもしろい企画も。

展示の展示たらしめるものの趣旨、「絵を見せます、さあどうですか。」のみにとどまらず
オープニング&クロージングパーティーのライブでは、ドレスコードがグリーン。
見に来た人たちもいつのまにか動物たちが集まる森の一員になっている。
森でお茶会なる作品に取り込まれるような
そんなふしぎな空間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巷房 近藤英樹展#2

久々の東京での展示「種子の記憶」
版画家近藤英樹さんの作品を見てきました。

彼の郷里、愛媛での展示が多く
前回以来約2年ぶり
いそいそと銀座へ

013

004_2

051

明るい光の差す真白い部屋に
乾いた種がパラパラと散っていました。
触ってみると驚くほど軽い

彼の生み出す植物たちは
すべてどれという具体的な何かではないらしい

その分そこに存在する「らしさ」の形が
あるようでないようでつかみどころがなくて
いたずらな感じ。

016

こちらは版画のほんの一部。
今まではぼんやりと曖昧な視界に植物たちが
ゆらゆらおどっていたけれど
今回は、モチーフにやわらかに刻まれた稜線がとっても印象的。


立体作品を多く作るようになってきたことが、平面にも影響してるのかな、と作家さん。
なるほどー、おもしろい!

地下室にある秘密の小部屋では、
やや薄暗い灯りに照らされて
何者かが愉快に息づいておりました。

039

作り続けることは面白い分案外骨折りで
それだけまわりも見守る楽しさがある。
っと、自分もがんばらなきゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jean-Michel Othoniel, My Way

Jean-Michel Othoniel, My Way

2012年1月7日[土] - 3月11日[日]
原美術館 東京都品川区北品川4-7-25 〒140-0001
Tel 03-3445-0651 
http://www.haramuseum.or.jp

Photo

ジャン=ミシェル オトニエルの展示がはじまりました。

パリのポンピドゥー センターにおいて3カ月の会期で20万人という記録的人数を動員したオトニエルが
かつて邸宅であった原美術館の空間にあわせて再構成した、回顧展です。

パリを拠点に活動するオトニエルは1964年生まれ。
硫黄、鉛、蜜蝋といった可変性の素材を使って制作しているアーティストで
1980年代からイタリア・ヴェネツィアのムラーノ島で制作するガラス玉を使用し始めました。
2000年に制作したルーブル美術館最寄りのメトロの駅、
パレ ロワイヤル ミュゼ ド ルーブルのエントランスとして設置された「夢遊病者のキオスク(Le Kiosque des Noctambules)」は
オトニエルの代表作としてパリの人々に愛されています。
Photo_2
 

こちらは初期に特徴的な硫黄を用いた作品、
「底で象られた魂(L’ Âme moulée au cul)」1989 年
硫黄、銀 8×20×20 ㎝

2
オトニエルは、もともとは写真表現を中心としていましたが、
感光材料を試すうちに硫黄と出会う。
排泄物をイメージさせるその色や臭い、可変性といった素材そのものへの関心に加え、「soufre」(硫黄)という言葉から、
「souffrir」(苦しむ)、「souffreteux」(病弱な)などと連想し、
自らの内にある様々な葛藤と絡めて表現できる格好の素材と考えていたようです。
硫黄は銀と接すると腐食させる性質をもち
ここではドーム型の硫黄の塊が銀の台座を少しずつ変容させています。

蜜ろうや脂肪など可変性のある素材をよく用いたアーティストと言えば真っ先に、
かつて崇拝!していたヨーゼフ・ボイスを思い浮かべますが
彼はそれらの中に熱のような有機的で流動的なエネルギーによる、
彫刻形成の原理を見いだしました。

私も経年変化が絵などに与える影響を肯定し
むしろ意識して制作しているところがありますが
今でもこのような作品を見ると
からだがうぞうぞと反応

こちらは
「腸の女たち(Femmes Intestines)」1995年
アングル作「浴女」ぼ複製にリン
Photo

と、じつはこれらの作品は2階にあって
例の代表作品群、冒頭を彩るオトニエル・ランドでひとしきり脳と目をはしゃがせたのち、
階段をあがりながらクールダウン
いったんおちついてから、オトニエルの深淵や最新作へふれられるようになっています。

そんなわけで「例の」きらきらたち。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Rakan
上から 「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年
ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm

「涙(Lagrimas)」 2002 年
ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm

「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年
鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm



水彩もはかなくて夢いっぱい

3

2

Photo_6

会期中「ふしぎな現実」というワークショップもやっています。
オトニエルの素描で塗り絵コンテストが。

子供用の椅子にたくさんの大人が腰かけ
背中を丸っこくして塗っています。

そちらの椅子、体重制限50kgですので、一応ね、一応お気を付け下さい…との声がけに
みんな「えっ」と顔を上げ
なお身体をちっちゃくして作業続行するのが面白かったな
重さかわらないっつの

色鉛筆二刀流Photo_7

Photo_8

こちら夢の小部屋。ピクトグラムのパネルをカメラにかざすと
オトニエルの「頭の中にある島」が3Dで浮かび上がります。
しばしトリップ

彼は幼少期、とても幸せだったと言います。
そして「当時と今の私はそんなに違いがない」という。

「よく、アーティストは成長してもこどものままだと言われます。
わたしはむしろ、アーティストはこどもの時すでに小さな大人なのだと思います。
アーティストは自分の世界を早くから自分の中に持っているのです。
そしてそれを一生持ち続けるのです。」

整然たる、は気持ちがいい。
けど夢の中のような幸せな雑然さも、
もっと肯定したいなと思った一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Notre Façon おしまい

A Notre Façon 無事終了しました。
長い時間滞在することができなかったのでほとんどの方とお会いできず残念でしたが、
お忙しい中足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。

会場のもよう。

022_2_3

いまだかつてこんなにモノが運び込まれたことはない!と、目ん玉を丸くするオーナーさん。
エレベーターなしで細い階段を、みなさんまあよくぞ。

045_3

026

016

071_3

バロの画集を手に取った方は、どれくらいいらっしゃったかな。
ページをめくるとそこには驚くべき・・・・・・・

種明かしはまたのお楽しみ。

020

銅版画家でアクセサリー作家である田代幸正さんの展示。
腐食させた銅の繊細なモチーフをガラスで封じたアクセサリー。
影が印象的でした。

023

029

こちらはデニム作家のAkAne AUさん。
デニム作家のお父さんの夢、「家族全員がデニム作家!」のとおり
なんと七人兄弟全員がデニム作家。
あまりおしゃべりできませんでしたが、ひととなりも作品も筋金入り。
一点一点に熱がこもっています、あっぱれ。
007_2

夫である大塚雄一さんはアコ―ディオニストで
土曜日のライブは大盛況。

026_2

042

053

036_2

作家それぞれが持ち寄った絵本とレビューの数々。
面白かったのはそれぞれちょっとずつ被っていたこと。
019_2

027

021_2

028

今回初めて「ある企画に参加させてもらう」立場での展示。
他人に全てを任せることで、
自分の中の「かくあるべき」みたいなものをいったんリセット、
いわばニュートラルな状態でのぞめたような気がします。
学ぶこともいろいろあって。


さいごに
実は、今は亡きおじいちゃんも含め
ひっそり3世代コラボレーションの展示だったのでした。
真夏の夜の夢の、パックと共に。

056_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Notre Façon今日からです。

Img_7848

Img_3891エンデ「影の縫製機」にインスピレーションを受けた
古澤正美の影の裁縫道具たちがずらりとならびました。

私のはこちら。
Img_2691

絵本「ユメミドリ」の原画5枚と新作のポストカード5点です。

Je les lieのフラワーコーディネーター谷津翠さんによるグリーンで、
薄暗い黒の工場が不思議な空間になっていて
昨日搬入に訪れてびっくり。

会場に持ち込まれたたくさんの花たち。
当日はこちらでお好みのアレンジの花束を作れるそうです。
さすが。とうなるカラーセンス。
花束を買うことは日常ありませんが
なかなか気分の良い行為です。
お花はたーっぷりありますので、
ぜひおひとつどうぞ。この機会にどなたかへ贈ってもよいですね


隣の絵本の小部屋も充実していて、
何時間でも居座ってしまいそうです。
作家の方々によって持ち寄られた思い出、お気に入りの絵本たちが
それぞれのレビューと共にたくさん並んでいます。

コーヒーとケーキを。と思わず注文したくなるお部屋です。
残念ながら何もでてきません。

Img_7750

Img_5356

Img_4494

あわただしい搬入ぶりが写真のブレによく出ています。
週末はあいにくの天気予報ですが、ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンダートリップ   スズキコージズキン展

「ワンダートリップ   スズキコージズキン展&アトリア・ワークショップ」

11071601ex

11071602ex_2

2011年8月28日(日)まで
開館時間:10時~18時 ※土曜日は20時閉館
観 覧 料:無料 
会場:川口市立アートギャラリー・アトリア

絵を描く上で覚えている限り
いちばんはじめに影響をうけたのが、スズキコ―ジさんでした。
いわゆる「まねっこ」。

小学生の頃「大千世界のなかまたち」に出会い、
「ハンガリアン狂詩曲」で丸い絵ばかりを見た。

以来図工制作や落書きなんかは色とりどりの点描や線ばかり、
変な生きものをたくさんかくのも好きだった。
それは中学生のあたりまで続いて
いつのまにか忘れていった。
彼の画風も少しづつ変わっていった。
あまり、心をかすることが少なくなった。

で、ふたたび
「ブラッキンダー」で再来!
広がりがいい。厚くていい。

そんな折にイベントの情報をいただき
子供らを連れていざ。

079 110

パワフルな展示とワークショップ。
たくさんのティピや子供たちがつくったお面やフラッグを期間中ずっと飾っておけるスペースも。
なんといっても無料!
夏休み中の子供たちが
ここおもしろいんだずえ
と、友人ひきつれ通ってる風なのがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田窪恭治展 / MOTアニュアル2011Nearest Faraway 世界の深さのはかり方

現代美術館に行きました。

まずMOTアニュアル2011世界の深さのはかり方

Imgl


日本/東京の新しい美術をグループ展形式で紹介するものとして、1999年より行っているシリーズ企画です。
11回目となる本年は、「Nearest Faraway 世界の深さのはかり方」を副題に、6人の作家により構成します。

私が日頃慣れ親しんでいるのは、茂みに分け入り分け入り探求してゆく感覚。
顕微鏡を覗く目の前に広がるにぎやかさ
暗闇の真逆 目の覚める白や 水面を滑らかにすべり散る点と線

しかし関根直子さんの作品は、ある一定の距離を持って対峙する時、
急に空気をふくんでざわめきたつ。
離れてなお引き寄せられ 波のような吸引力

彼女の制作は
目に見えない頭の中のイメージを紙面にのせることからはじまる。
現実的に生まれる像とイメージとのズレをむしろ肯定し
紙面上で息を吹きかけるように形をゆらゆらと変えながら成形してゆくのです。
くせ、物理的な原因による描きづらさなどの痕跡が残ることにも積極的で
立ち位置によりみえるものとみえないものが出てくることもまた想定内。

そうしてできたグレートーンの世界は、
これという実体がなく
でも鑑賞者それぞれの記憶や思考の中で、かげろうのような何物かを呼びおこすのです。

シャープペンシルや鉛筆で
細かな線と点、描いては消し描いては消し
気の遠くなるほどの集積の跡。

制作プロセスも特に惹かれるアーティストです。

.

お次に観たのは田窪恭治展 風景芸術

「自分より長い時間を生きるであろう、特定の現場の風景を表現の対象とした仕事を『風景美術』。作家がいなくなった未来においても生き続ける表現の現場を『風景芸術』」と呼び、そのような空間的にも時間的にも開かれた活動を目指しています。
(代表作のリンゴの礼拝堂

鉛を貼り、何層にも重ねた顔料をノミで掻き出して出来た質感は深みがあり
「住民と作品と享受者、出資者、所有権をめぐる芸術」という開かれた形態での制作活動も、そそがれたパワーを思うとただただ感嘆。

「風景芸術」というジャンルはむしろデザイナ―的な「仕事」に近い所に位置するような
気がしますが
この際ジャンルはともかく
純粋に2人の‘吸引力’を素晴らしいなと思った一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)